酸浸漬の各工程の役割とは?

酸洗いとはどのようなものなのか

「酸洗い」は主に硫酸や塩酸などの溶液で、金属の洗浄を行うことをいい、金属を加工する際に欠かせない工程と言えます。金属は自然にサビがついてしまったり、熱処理の後に酸性の膜(酸化皮膜、又はスケールと呼ばれる)が発生したりします。特にメッキ加工をする場合には、酸洗いをしていないと上手く密着しません。このようなことを防ぐためにも、酸洗いは必要なのです。
「酸洗い」にはいくつかの工程があります。酸漬けにすることで、サビやスケールを除去する「酸浸漬」や、常温加工で金属の変質層を除去する「エッジング」などがあげられます。これらは酸の濃度や浸透する時間、処理の順番など細かな判断が必要になります。また酸洗いの後は、金属表面がもろくなりやすいので、注意が必要です。

酸洗いの工程と薬剤を扱う危険性

酸洗いの工程は脱脂洗浄をした後に水洗い、酸洗処理の後でまた水洗い、中和をして水洗い、純粋洗浄の後に乾燥をさせる、という順番で行われるのが一般的です。
金属における酸洗いの役割は、金属の表面を綺麗にしたり、光沢を出すことで他の作業を簡単にする、前処理となるものを言います。また低コストを実現しながら、金属の焼け取りをするには適した方法であると言えます。しかし酸洗いの工程の中では、硫酸や塩酸などの薬剤を取り扱うため、その作業は非常に危険が伴います。勿論作業工程だけではなく、酸洗い後の排水処理も必要になるため、排水処理の出来る設備を持った専門業者に任せるなど、処理について作業前に考えておかなければなりません。