エッチングの目的とは?

エッチングとは何だろう?

エッチングとは、金属製品を酸性溶剤につけることで、金属表面に付着している錆などの酸化物を除去する酸洗いの一つの手法です。主に利用される酸は、硫酸や塩酸などがあります。また、熱処理を並行して行うことがあり、熱処理を行うとスケールと呼ばれる参加費悪が生成します。これにより、効率よく表面の酸化物や汚れを落とすことが可能となります。
なお、酸の力を利用して銅箔を溶かす原理を利用して、手作りの電子回路基板を作るときにもエッチング手法が応用されます。その他にも、版画や印刷などの芸術分野にてエッチング手法が応用されることもあり、エッチングは様々な分野で活躍している手法です。近年は半導体生成技術にも応用されています。

エッチングのメリットは?

酸洗いの中でもエッチング手法は、酸の腐食作用を利用して金属の表面を滑らかにすることが目的となりますので、金属の塗装やメッキなどの後処理をする際に有効な手段と言えます。エッチングをすることで、その後の作業の時間を短縮できるため、金属加工の費用を抑えることが可能となります。
また、エッチング手法は微細な加工が可能であることがメリットで、半導体工学に応用されているほどです。なお、エッチングは非接触加工であるため、プレス金型加工と比べるとカエリやバリ、歪み、たわみなどの発生の心配がないのも特徴です。小ロット生産にも向いていてコストもさほどかからないというメリットがあります。エッチングはフォトエッチングや版画・印刷、半導体工学など幅広い分野で活用されています。

金属表面処理とは機械または人の手で金属の表面を削ることによってつるつるにし、製品を完成させる作業です。