酸浸漬の目的とは?

酸洗いって何をするの?

酸洗いは、酸を使って金属を洗浄することを指します。金属の熱処理や溶接、ロウ付けなどによって生じた焼けやスケール、サビなどを硫酸や塩酸などで除去する作業です。スケールとは、熱処理された金属製品の表面に生じる酸化皮膜です。スケールを取ることで、後に続く研磨作業の手間を省くことができます。メッキの前処理として、必ず酸洗いが行われます。酸処理が不十分だと、メッキの密着不良につながるからです。チタンを研磨する時は、酸洗いを行って表面の酸化皮膜層を取り除いてから、バレル研磨を行います。酸洗処理は、目的によって3つに分類されます。酸洗いと酸浸漬、エッチングです。境界線があいまいで、明確に分類されないこともあります。

酸浸漬を行う理由とは

酸浸漬とは、酸皮膜の除去を行い、金属の表面を活性化することです。アルカリ脱脂液によって生じたアルカリ皮膜や、電解洗浄で生じた酸化皮膜を除去します。エッチングの目的は、冷間圧延などの常温加工によって変化した変質層を除去することです。酸洗処理を行った金属製品の表面は、腐食しやすい状態になっています。サビの発生しやすい鉄鋼などは、すぐに防錆処理を行う必要があります。酸洗処理の注意点は、硫酸や塩酸などの危険性がある薬剤を取り扱っているため、設備などを含めた安全対策をしっかりと行うことです。作業する際は、事故を防ぐよう努めなければなりません。廃液には溶けた金属が入っているため、しっかり排水処理を行いましょう。酸を下水や川に流さないようにしましょう。

金属製品の表面に付着した酸化物を洗浄・除去する化学洗浄のことです。酸洗では主に硫酸や塩酸などを使用します。目的は、その後の作業を簡単にすることです。表面を綺麗にすることで、光沢を出す前処理となります。