酸浸漬の方法とは?

酸を使って金属を洗う「酸洗い」

酸洗いを行うには理由があります。金属は熱処理をすると、表面に酸化被膜やサビが付着します。その被膜やサビをそのままにして次の加工へ移ると、メッキが密着しない、研磨作業がうまくいかないということが起こります。ほかにも、金属の表面を洗うことで製品の質を上げるため、表面のサビを防ぐ(サビにくくする)ため、その後の研磨処理での手間を省くことができるなど、さまざまな理由があります。この処理は、金属表面を加工する際に必ず必要となるものです。(ただし製品によっては向き不向きがあります。)しかしこの酸洗いは、目的によって異なる方法のうちの一つとして分類されることがあります。その他の方法として、酸浸漬があります。

酸浸漬とはどういうものか

酸浸漬は金属の表面にある被膜を除去し、酸化した金属の表面を活性化させる方法です。その被膜とは電解洗浄で生じる電化被膜、アルカリ脱脂液によるアルカリ被膜です。
処理の目的として、酸化被膜を除去するため、前処理で残ったアルカリを中和するためなどがあります。処理の方法は次の通りです。金属の表面を洗浄した後に放置します。その後、発生したサビなどをチェックした後、再び洗浄します。金属を活性化させてメッキをしやすくします。金属によっては塩酸であったり、硫酸など使い分けます。
酸洗いには、この酸浸漬以外にもエッチングと呼ばれる方法があります。いずれの方法も、酸の濃度やそれにつけておく時間、手順など細かな判断が必要となります。また次の工程によっても酸洗いの手順や内容は変わります。

リン酸処理はステンレスなどの金属に施すことで光沢をもたらせる技術です。外観など見栄えをよくしたいときに用いられます。