エッチングの各工程の役割とは?

酸洗いの役割とはなにか?

酸洗い処理とは、加工した金属から余計な皮膜やサビ、スケールなどを取り除くための作業です。これを行うことによって研磨作業がスムーズにおこなわれたり、メッキの密着がよくなったりします。酸洗い処理には大きくわけて三種類あり、熱処理によって生じた酸化皮膜やサビを取り除くピックリング、常温加工のため表面層が材質変化したものを取り除くエッチング、電解洗浄で生じた酸化皮膜やアルカリ脱脂液によるアルカリ皮膜を取り除くための酸浸漬があります。サビづらくなる上耐久性があがり見た目の光沢にも影響がある酸洗いは、金属加工を行う上で非常に重要な工程です。一般的には酸洗い処理のあとに、金属加工処理としてエッチングも施されます。

エッチングとは何か?

エッチングとは、型抜きなどで生じる出っ張りを取り除いたり、冷間圧延という金属の常温加工時に生じた変質層を除去するための方法です。金属が再結晶をしない温度範囲での加工なのですが、完成時の常温と比べると温度差があり、そのため表面に変質層ができてしまいます。変質層があると、メッキ処理などに影響があるためエッチングを施します。なお、エッチング技術は加工に転用することもでき、その場合は腐食とも呼ばれます。マスキングなどで一部防食処理を施した上でエッチング液によって化学反応または腐食させることによって、加工することができます。切削や溶接では難しい加工なども可能となり、ステンレスやガラス工芸や真鍮などに使われています。

住宅などの塗装剥離に関する問題は、専門の業者に相談する方法が最適です。見積もりは無料ですし、満足できる仕上がりを実現します。